歯科医師情報館 >> 歯科医師情報館 >> 歯科医診療科目 歯周病

歯科医診療科目 歯周病

歯科医診療科目 歯周病

歯周病のほかにも、歯肉炎や歯周炎、プラークコントロールなどという言葉が一般に定着したのは、歯の健康を考える段階が一歩進んだと言ってもいいのかもしれないと思います。

歯周病は歯垢の中に含まれている歯周病菌が歯周組織に感染することによって発症するようですので、もしも歯周病の方とキスをしたりすれば感染する可能性は否定できないようです。

歯周病を引き起こす細菌は、空気が嫌いなのです。歯周ポケットと呼ばれる歯肉の下に隠れて増殖するのです。

まずは、目に見える部分のプラークはブラッシングで除去するのです。どれだけ目に見える部分のプラークを除去できたかで、ポケット内の細菌の量にも影響するのです。

歯周病と矯正歯科と聞いても、両者の関連性は少し想像し難いのではないかと思います。

現状では歯周病の治療に矯正歯科治療を取り入れる医院は多くないため、イメージできないのも当然かもしれないと思います。

しかし、矯正歯科治療は歯周病に対して非常に有効な治療法であることがわかっているようです。

いわゆる虫歯が歯の病気であるのに対して、歯周病は歯を失うばかりか、全身の病に影響力がある恐ろしい病気なのです。

歯周病とは細菌により炎症が起こり歯周組織が壊されるため,歯を支えることができなくなるのです。

歯茎が腫れ、歯がぐらぐらして、咬むと痛くなり、最後は歯が抜け落ちてしまうのです。

自分の歯をトコトン残すのが歯周病治療なのです。奥歯は一本の歯に2本〜3本の根があるのです。

抜くような歯でも使える歯根を歯の無いところに移植したりする方法もありうのです。

特に動脈硬化や糖尿病などの命に関わる病気にも関係があるというのですから、無視できないのです。

歯石は歯周病を引き起こす原因と考えられがちなのですが、歯石それ自体は歯周病を引き起こすものではないのです。

プラークの格好の住みかとなるため、そのままにしておくと細菌が増殖してしまうのです。

そのために定期的に歯石は歯科医院で取らなくてはいけないのです。薬を使用して、歯周病の治療をするといった方法なのです。

細菌は、酸素の薄い箇所を好むのです。歯周ポケットが深ければ深いほど、酸素は薄くなるので、重度の歯周病になればなるほど、細菌が好む口腔環境を作ってしまうわけなのです。

歯科医師情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |予防歯科 |矯正 岡山 |歯槽膿漏 歯周病 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |歯科 岡山 |入れ歯 |インプラント 岡山 |岡山 インプラント |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|

カテゴリー

記事一覧

当サイトについて