歯科医師情報館 >> 歯科医師情報館 >> 歯科医 虫歯治療

歯科医 虫歯治療

歯科医 虫歯治療

通常の治療法だと麻酔をして、感染している象牙質を完全に削り取るのです。

もし麻酔なしで行うとすると、削る痛みは尋常ではないのです。虫歯の治療は、虫歯の部分を削って詰める治療から、歯科レーザーで虫歯菌を殺菌し、健康な歯の部分をより多く残す治療へ変わろうとしているのです。

歯周病、歯槽膿漏の治療もレーザーの利用で侵襲の少ない治療が可能になっているのです。

穴がどんどん広がって、歯がほとんどない状態。歯根だけが残るのです。神経が死んで腐敗し、膿みが出て悪臭がするのです。

歯根の先やまわりにまで炎症がおよび、歯茎の中の骨が溶けて、さらに痛みが起こり熱が出ることもあるのです。

歯の表面が、チョークのように白く濁ってきたら虫歯の始まりなのです。歯垢の蓄積は、歯茎の炎症も引き起こすのです。

歯茎が赤く腫れたり、歯ブラシを使うと出血することになるのです。歯の裏に歯石が沈着することもあるのです。

歯を削るということは歯髄から象牙細管の中に伸びだしている神経の繊維を切断しているわけですから、痛むわけですし、そのため治療後も痛みが残ることがあるのです。

従来の歯を削る治療から歯を削らない治療といわれる先端歯科治療のレーザー治療など虫歯や歯周病の予防や治療について考えるのです。

歯科の2大疾患虫歯と歯周病は細菌感染症で歯垢や歯石の除去が予防の基本となっているのです。

虫歯は歯の表面からカルシウム等の無機成分が溶け出すことから始まるのです。

C0というのは少し無機成分が溶け出している面があるということなのです。

黒くなったり、穴があるというところまでは進んでいないのです。更に象牙質の深部にまで到達した虫歯菌は残ってしまう場合もあるのです。

しっかり虫歯を削り取ろうとすると歯髄の所まで削ってしまい、露髄してしまいます。神経に虫歯が達していくのです。

どんどん痛みがひどくなってくるのです。猛烈に痛いのでどこが痛いのかもわからなくなって、麻酔もききづらくなるのです。

しかし、治療を受けずにほおっておくと痛みがとまることがあるのです。

歯科医師情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|矯正 岡山 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |歯槽膿漏 歯周病 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |岡山 インプラント |予防歯科 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |歯科 岡山 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |インプラント 岡山 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |入れ歯