歯科医師情報館 >> 歯科医師情報館 >> 開業医と勤務医の違い

開業医と勤務医の違い

開業医と勤務医の違い

開業医の中でも格差は広がっているのです。腕と立地によって大きく変わるのです。公立病院の勤務医と法人の理事長給与を比較して多い少ないと言うことなのです。

歯科医師の年収はどれぐらいなのでしょうか?お医者様といえば高給取りの代名詞のような存在なのですが、一概にそうとも言えないのです。

歯科医師の年収は、300万円以下の人から、1000万越えプレーヤーまでバラバラのようです。

歯科医師の年収は、まず、勤務医か開業医か、というところで違いが出るのです。勤務医の中でも、地方と都心でかなり違うのです。

一般的に都心は安い傾向にあるのですが、専門の治療に専念出来るメリットがあるのです。

地方に行くと医者が少ないのである程度全般的に診ざるを得ないのです。

診療報酬を引き上げたいのなら、予算がないので引き下げますと、素直に発表すればよいと思うのですが年齢も責任もがんばりも無視した論理のこじつけに疑問を感じてしまうのです。

勤務医である歯科医師の年収は、だいたい数百万円はもらっているのではないと思うのですが、これもかなりばらつきがあるのです。

だいたい、月給が20万円〜70万円ぐらいは支払われているのです。

これだとやはり300万円台の人もいれば、800万円クラスの人もいる、という感じなのです。

開業医の年収は、赤字0円以下〜2億円超です。開業された先生の腕と診療科でかなり変わるのです。

勤務医の年収は保険診療する病院なら400万〜2000万、保険外診療なら400万〜数千万円、腕や診療科でも変わるようですが、医師になってからの年数の影響が大きいように感じるのです。

開業医の歯科医師の年収は、これまた年収300万円以下から数千万円クラスと、バラバラ。勤務医より開業医のほうがばらつきが大きいのです。

医療の診療報酬改定を巡っては、これまで開業医を中心とする日本医師会が強い影響力を持っていたのです。

その結果、平均月給は勤務医に比べて2倍以上高いなど開業医は診療報酬で優遇されていると批判の声もあがっていた。

一から自分で開業した場合は、どうも悲惨なのです。

それは、継いだ場合と全く逆の理由で、設備投資の借金返済に苦しみ、顧客を一から開拓しなければならないからなのです。

歯科医院の設備投資の金額は非常に高額なのです。

一方、医師の平均従業時間を比較しても、勤務医に比べて開業医は少なく、労働環境も恵まれているといわれているのです。

歯科医師情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |インプラント 岡山 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |歯槽膿漏 歯周病 |歯科 岡山 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |歯槽膿漏・歯周病 治療 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |予防歯科 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |矯正 岡山 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |岡山 インプラント |入れ歯