歯科医師情報館 >> 歯科医師情報館 >> 分業化する歯科医

分業化する歯科医

分業化する歯科医

検査に関しては口腔疾患やその治療として必要なものであれば違法性が阻却されるのです。というか、やったほうがいいに決まっているのです。

歯医者も、分業化、専業化が進んでいるのです。私の印象では、一般的に言って、USの歯科の方が、レベルが高いようです。

ただし、治療費は高いですし、たとえ、保険があっても、自己負担比率は、USは高いのです。

そういった交差感染を防ぐことで公衆衛生の向上及び増進に寄与し国民の健康な生活を確保することができるようです。

歯科医師免許というのはそのために医療行為が認められた免許なのです。

確かに保険も利かない患者であれば、敬遠するのは理解できるのです。

そうだとしても、最初言ってた他のレベルの高い医者に行けというのが、専業化でその歯科医が虫歯治療をしないという理解をしたらいいのか、ただ敬遠したかっただけなのか分からないようです。

大きな医療機関では口腔外科などでそういったことも当然やられていると思うのです。

歯科は医科の一分野であり、法の区別を別として医師と歯科医師は全く異なるものではなく、一般医科医師が口腔外科医となることも可能となっているのです。

歯科医療の向上と医業の分業化に伴い、高い精密技工技術と審美感覚が求められているようですので、義歯といった口腔関連のものだけでなく、顎顔面領域において義眼や耳介、その他では義指など様々な補綴物を製作している技工士もいるのです。

また歯科医師が麻酔科医に転向し一般医科患者に全身麻酔を施したり全身管理することや、放射線科医としてMRIやCT、シンチグラフィによる集積を行ったり癌に対して放射線療法を行うことも可能であることなどをみても、両者は全く別物ではないのです。

お互いが自分の縄張りとして独占業務を持つも、有る程度クロスオーバーしお互い転向でき得るもので、お互い独立した職権を持つも尊重・協力関係にある対等なものといえるのです。

歯科技工士は補綴に関する領域で活動をしてきているのですが、将来的には歯科医学が再生医療等の遺伝子技術を応用する領域に拡大していくことが予想されているのです。

歯科医師情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|審美歯科 ホワイトニング 岡山 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|予防歯科 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |岡山 インプラント |入れ歯 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |歯科 岡山 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |インプラント 岡山 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |矯正 岡山 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |歯槽膿漏 歯周病 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ